banner

ちゃんと確認すること

確認 食事をご馳走してもらいたいとか宿泊させてもらいたいとか。 家に戻らない女の子達は自分をサポートしてくれる男性を希望して、助けてくれる男性を求めるネットサイトを活用しています。 けれども、このネットサイトにはリスクがたくさん。 ここでは家出少女が自分を助けてくれる男性を探すネットサイトを見つけるケースで、意識しておくべき部分を少しご紹介しておきましょう。 無意識のうちに嵌められてしまったなんて事態になることがないようにちゃんと確認事項をチェックしてくださいね。

気をつけること1 ネットサイトの中身をしっかりチェックしよう 男性に家出生活をサポートしてもらうネットサイトに限定せずに、こういったネットサイトで男性と交流するネットサイトにはリスクが多数あります。 なので、調べてすぐにネットサイトの会員になるのは回避するべきですね。 会員になる前に、活用条件、企業情報なんかをちゃんと確認することが大事です。

気をつけること2 たまに、このネットサイトをアピールするネットサイトなんかで、画面の左右どちらかに裏サイト入り口といったリンクがアップされていることがあります。 どういったネットサイトかはチェックできませんが、裏とあるだけにリスクはたくさんありそうです。 ちょっとでも変だとおもった文字やリンクがあったとしても間違って閲覧しないように注意しましょう。

気をつけること3 家出生活をサポートしてくれるネットサイトで、成りすましが存在しないとアピールしているネットサイトが存在します。 本当に存在しないのかチェックするやり方は存在しません。 しかし、こういったここは問題ないとアピールしているネットサイトほど、実際リスキーだったりするのでしっかり注意を払いましょう。 これ以外にも様々気をつけなければいけない部分が存在します。 リスクがたくさんあるネットサイトのワールドだからこそ、しっかりした確認が求められるのです 。

もちろん謝礼があります

近頃、出会い系サイトの世界で頻繁に耳にする言い方「神待ち」。 これを見ている人で、神待ちのことを詳しく知っている人も、あるいは神待ちの体験をしたことがあるという人は結構いるのでは無いかと思います。 それほど神待ちというのはアンダーグラウンドの世界で、一歩間違うと法に触れることにもなるので、それほど大っぴらには話されることはありません。

神待ちというのはどんなことかというと、家出をしたり派遣のリストラなどでいきなり暮らす場所を無くした人が、宿泊させてくれる人を見つけるという行為を言います。 宿泊する所と食べ物を与えてくれる人のことを「神」と言って、この神が出てくるのを期待しているから神待ちと言うことです。 インターネットには神待ちサイトというサイトも現れていて、救ってもらいたいという投稿をする女の人と、これを救ってやりたいと手を挙げる男の人との間で頻繁に連絡をしています。

しかし…男の人が何の謝礼もなく女の人に宿泊する所や食べ物を与えるの?こうした問いかけはどの人にも起こるでしょう。 この質問は当然のことで、神待ちにはもちろん謝礼があります。 これは要するにセックスと言うことで、このままセフレという仲に進展する場合だって結構あります。 以前は出会い系サイトの中でセフレ獲得がされてきましたが、近頃では神待ちサイトの中でセフレ獲得という方法があると言うことです。 でも、それは一歩間違うと新種の援助交際ではないかという意見もありますから、法律上はどちらとも言えない面があるのが実情です。

しっかり踏まえておくべき

神待ち掲示板・・・この言葉の響きからは、何だか「可愛い」イメ-ジすら覚えそうですが、 その実態は「これらは闇サイトである」と断言する専門家筋の声が存在している事も見逃せません。 ちなみに神待ち掲示板は「今夜寝る場所がない」「食事を調達出来ない」と困窮する女性に対し、男性が希望を叶え与えてあげると同時に、 その代償お礼としてセックスをさせて貰うという「交換条件の上に成立する男女関係を生み出すサイト」です。 ちなみに女性に宿泊場所や植字などを提供する男性を「神」と称し、そんな神を待つ女性を「神待ち」と称するのです。 また女性を宿泊させる男性を「泊め男」と称する事もあります。

実際に神待ち掲示板のサイト説明の内容を確かめると、非常に巧みな表現表記が用いられており、 「泊まる場所が無くて困っている女の子、助けるのは心優しいアナタなのです!」的ないかにも人道的な謳い文句が色々工夫されていますが、 その実態は援助交際を助長しているのと何ら変わりないのです。 これまでに幾度も繰り返して来た通り、神待ち娘の大半はプチ家出中であるのが常であり、プチ家出とは普通の家出と違い、 家族と連絡を取りながら帰宅しない状況を継続する事ですので、家族側にも娘が家出している、という認識が薄いのです。 むしろ定期的に娘の方から連絡が入る事に気を許してしまい、逆に放置してしまう親が多々見られるのが悲しい状況であり、 プチ家出中の女の子側にも罪の意識がありませんから、当然自衛する姿勢も皆無なのです。

結果「泊まる場所が見当たらないから男に泊めてもらえば良い」という安直な考え~行動となり、時に犯罪行為の渦中に自ら歩を進めてしまう事も。 これが援助交際となれば男女共に罪を問われる事となり、神待ち=援助交際という図式となってしまうのです。 自ら神待ちしたい、泊め男になりたいと思うのは自由ですが、神待ち行為は非常にハイリスクである事はしっかり踏まえておくべきなのです。 最悪アナタが犯罪者となってしまえば、その時点で折角の人生に汚点をつける事となってしまいますから、その点だけは忘れてはなりません。

何処にでもあるようなことかも

出会い系サイトにおいては、家出に着いての専門のBBSがあったりするものがあります。 それほどまでに、現在の少女達にとっては、家出とうものは何処にでもあるようなことかも知れません。

まあ、その少女達のことですから、あるリーダー的なひとりの娘が、「自分は家出をしたんだ、男性の自宅に宿泊した」 などと話してしまうと、恰好良いなあ、などということになって、引きずられるように連続してこうした家出がブームになるかも知れないのです。 当然のことながら、家庭に不平があって、と言うことが多いのでしょうが、こうした流行もののような感じで家出、神待ちをしている少女も結構いることでしょう。

いわんや、神待ちとか、プチ家出とか、みるからにギャルが利用しそうないい方ですよね。 行為そのものは決して称賛されるべきことでなくても、こうした言葉の軽快さや目新しさで、なにげなくはいけないことや危ないことではないみたいな感じがしてきてしまいます。 こうしたことが、言葉の魔術というものではないでしょうか。

あまり信頼できるものではない

インターネットの中には、神待ちサイトといわれているものがあります。 この神というのは、家出少女に対していろいろなものを援助してくれる男性のことです。 例えば、宿泊先だったり、食事、それ以外の経済的な援助など、いろいろなものです。

インターネットで検索をしてみれば、そこには様々な神待ちサイトを見つけることができると思います。 しかし、その大半はトップページからして明らかに怪しそうなサイトばかりなのです。 そもそも、サイトの中で明確に説明がされていないところが多く、やはり信用できなくなりますね。 そのサイトが有料なのか、無料で使えるものなのかどうか、ということにすら説明がない場合もあります。

登録無料と書いてあるから登録をしたのに、実際にはお金が必要になる、というようなサイトもあります。 利用規約が存在しないサイトなどについては、あまり信頼できるものではないといえるでしょうね。 トップページに可愛い女性の写真がふんだんに使われている場合、これは男性を引っ掛けようとしている詐欺サイトの可能性も高くなります。 このサイトの場合、多くの悪質な出会い系サイトとつながっているために、登録をしてしまうと大量のスパムメールが届くことになります。 サイトを使うのであれば、しっかりと信頼できるサイトを見つけるようにしてみてください。

Copyright(c) 2013 安心の神待ちサイトランキング All Rights Reserved.